宇多田ヒカル 「私自身、予定されなかった妊娠で産まれた子」

印刷

   歌手の宇多田ヒカルは5年前に「卵巣のう腫」で手術を受けた。その時のことについて、2008年10月31日のブログでつづっている。

   腹部(それもデリケートな女性の生殖機能に関わる部分)の手術は「いろいろな意味で大変だと分かった」と、振り返る。術前に、手術の詳細や術後についていっさい聞かされておらず、後からいろいろと知って驚いたようだ。

   それ以降、宇多田のもとには婦人科系の病気に関する相談がたくさんくるようになった。まわりにも、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮がんにかかっている女性が「けっこういる」。だからこそ、「婦人科に定期的に検診に行くのは、すごく大事」「アメリカでは初潮の前から婦人科に通うくらい当たり前」と主張する。

   また、婦人科系の病気にかかると、将来、妊娠できるのだろうか不安に思う女性も多い。自身については、「私は子供を生む事に関しては、全く問題ないの」。そうはいっても、予期せず妊娠することもあるし、望んでもできないこともある。

「私自身、予定されなかった妊娠で産まれた子だし。(親は避妊してたってことね。昔聞かされたけど。しょうがないから産んだみたい。)そんな子もいるわけだしさ」

   のんびり構えているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中