2018年 7月 20日 (金)

「4股かけられた男」 漂ってきたのは…

印刷

   約束が守れない。

   社会人としてコレ、失格です。

   某コラム提出時刻をはるかに過ぎ、誰もいない真夜中のオフィスでキーボードをカタカタカタ。

   ということで、私も社会人失格。

   約束を守れずイライラするのは、先方しかり自分もイライラする。小学生の時に親、大人に必ず言われた。「約束は守りなさい」

   お母さん、ごめんなさい。子供のころからダメだった私は、大人になってもやっぱりダメなままです。

   後悔先に立たず。早くこのコラムを完成させなくては!

   焦りながら、そういえば……と思いだしたことがあった。

   約束を守れない大人は、なにも私だけではなかったなと。

   責任転嫁的な話だが、事実なのでしょうがない。この業界には約束を守れない大人が多いように思うのだ。

   たとえば、デートの約束の確認電話をしたところ、ある彼はこう言った。

「えっ? 今日時間があるってオレ言ったっけ? あ~そうだった! 忘れてた!」
「ゴメン! 朝まで編集コースなんだよ。また次の日に必ず!」

   こんなことはしょっちゅう。かなりへこむがしょうがない。

「うえ~ん! 仕事が終わんない! 今日ちょっとムリだ~」

とは、私もよく言うセリフ。そういうセリフが多い女には、こんな男が周りに結構いる。

「ごめん! 撮影が長引いてて、まだ名古屋。最終の新幹線で東京に戻るけど。せっかくのご飯だったのに、ごめんな」

   プロダクション勤務の彼からは、こんな残念なお知らせがやってくる。

   もうひとつの見方としては、彼らにとって私は都合のいい女クラスということ。これだけは勘弁と祈りつつも、度重なると冷静に分析してみたりもする。

   類は友を呼ぶとでもいうのだろうか。う~ん、こんなこともあったな。

「いい女だったのにさ。オレの他に4人も男がいたんだぜ。信じられる?」

   これは約束を破られた男の話。ちょっとオダヤカではないが……

   泣きついてきた彼は、32歳になったばかりで彼女に4股もかけられた。

   彼女が大好きだった彼には悲惨すぎる。あ~、かわいそうに!

   そんな女、今度会ったら踏んづけてやんなさい! と、フラレ男の彼を軽くハグ。んんん? 彼から、若干あの臭いが……ゲゲッ! オヤジ!? 32歳で男子って加齢臭したりしちゃうの?? ウソでしょ、まさか。意気消沈しているハンサムな彼を見て、私もある意味ビックリ仰天な意気消沈。

   きっと慰めてもらいたいであろう彼を見ながら、そんな約束はできないな~と内心思ってしまった私。この場合、彼と約束はしなかったので、約束破りにはなっていない。お母さん、約束を破らずにすんだよ!

モジョっこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中