2020年 10月 30日 (金)

紙飛行機やトンボ… 飛ぶメカニズム分析

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   1秒間に5000コマ撮れるハイスピードカメラなど、NHKが誇るハイテク撮影機器を駆使し、身近にある「モノ」や「できごと」のからくりを究明する「アインシュタインの眼」。今回は、紙飛行機などの、身近な「飛行物体」の不思議に迫る。

   紙飛行機が飛んでいる様子をハイスピードカメラで撮影すると、よく飛ぶ紙飛行機は姿勢を「斜め」に保っていた。更に風洞実験装置を使うと、機体を斜めにすることで翼の上下に気圧の差が生まれ、空気が機体を押し上げている様子が見えるという。

   番組ではほかに、変幻自在な飛び方をするトンボの「はばたき」を細かく観察するなどし、身近な「飛行のメカニズム」を解明する。

アインシュタインの眼

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中