「詐欺容疑小室」の友人業界人 「どこまで彼が関与してたか」

印刷

   <テレビウォッチ>いわゆる朝ワイド、この時間帯の情報番組のなかでも芸能寄りのスッキリ!!には数多く芸能人が出演する。だが、この日の小室哲哉ほどフィーチュアされることは珍しい。

商才はなさそうだった

   ちょうど番組開始ごろに大阪地検に任意同行されたとあって、中継もはさみこまれ、今日(11月4日)のスッキリ!!の顔となった。

   友人代表のコメントは生でスタジオで、「学校が同じ」で、「親しくさせて」もらい、番組でもたびたび共演したというテリー伊藤から。

   「(小室は)音楽バカで、経済、商才はなさそうだった」。本人も「オレはモノをつくってる人間だから」と暗に認めてるようなことを言っていたという。香港での音楽活動に失敗し、約70億円の巨額損失を出したあとも「やはり向いてないのかなあ」と振り返ったそうだ。

   音楽バカだけど人間としては善良――というのがテリーのコムロ像らしい。それだけに著作権のカラ売り、オレオレ詐欺のような単純明快な話に小室が加担していたことが、信じがたい。「どこまで彼(自身)が関与してたのか」。周囲や取り巻きに巻き込まれたものであってほしそうに、そんな繰り返し疑問を口にした。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中