大阪・ひき逃げ容疑者の「笑顔」 スタジオ陣の反応は…

印刷

   <テレビウォッチ>「あの顔見たら腹立ってきますね」と番組司会の加藤浩次。轢き(3km引きずり)逃げ殺人の容疑者は、現場から4kmしか離れてない大阪・ミナミのラーメン店で捕まった。店の防犯カメラが記録した笑顔のおかげで、憎さ100倍級の効果があるのだろう。

もしかしたらと…

   「最低ですよね。怖くて隠れてるのかと思ったら、こんな風にしたたかに……」とテリー伊藤。建築会社で働いていた容疑者は、会社の車を、無免許飲酒運転で運転していて事故を起こしたという。「(容疑者は事件日は朝から仕事だったのに)要はね、仕事の直前まで酒を飲んでるような、神経なんですね」とリポーターの阿部祐二。

   「起こるべくして、起きたような人格の人(訳注:事件を起こしたのも当然と思える人、といった意味らしい)ですよね」(スーパーモデル・冨田リカ)

   振り返るときは千里眼、というが、わかって見れば、もっと早く容疑者がわかっててもよさそうな事件に思えてくる。スタジオのテリーもそんな疑問を口にする。

   事件現場は、建築会社の近く。事件当日から容疑者は姿を消し、車の映像も公開されていた。「建築会社の人たちは『もしかしたら』と思わなかったのか」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
科学鑑定―ひき逃げ車種からDNAまで (文春新書)
科学鑑定―ひき逃げ車種からDNAまで (文春新書)石山 〓夫

文藝春秋 1998-11
売り上げランキング : 464145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
犯罪と科学捜査 (続) ―DNA型鑑定の歩み      科学のとびら (46)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中