「磁石」永沢たかし 病院の待合室で期待したこと……

印刷

   お笑いコンビ磁石の永沢たかし(=メガネの方)が2008年11月6日のブログで、病院の待合室で起きた、ちょっとしたハプニングを紹介している。

   「最近腸の具合が悪い」ともらす永沢。そこで、この日は仕事前に病院へと向ったそうだ。待合室で順番を待っていると、ナースが患者を順番に呼んでいるのが聞こえてきた。「ホリウチタカオさーん」と。

「たぶん待合い所の全員が期待しただろう。
まさかあの大物歌手がこの病院に?と」

   が、返事をしたのが普通のおじいさんだったらしい。

「一同ガッカリですよじいさん!
全員心の中で『偽物かーい!』と思ったはずだ。
まぁ歌手の堀内孝雄さんより年上だから偽物というよりむしろ本物のホリウチタカオなんだろうけど」

   さらに、その5分後に呼ばれたのは「シミズミチコさーん」。今度こそ、本物かと期待していたものの、やっぱり普通のおばあちゃんだったという。もちろん、モノマネもしない。

   同姓同名が意外と多いことを発見した、この日の永沢。「腸」のほうもそれほど心配なかったらしく、胸をなでおろしたようだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中