大工の棟梁のこだわりとは 「新工法」への挑戦

印刷

   2008年11月9日23時から放送される「情熱大陸」(TBS系)では、大工棟梁の宮内寿和(41)に焦点を当てる。20歳の若さで棟梁となった宮内は、日本古来の大工技術を受け継いだ木造の家にこだわる。伝統的技術を守るだけでなく、新工法の開発にも余念がなく、今回は一切金物を使わず地元滋賀県産の杉で作る家造りに挑んだ。4代続く大工の家に生まれた男の仕事ぶりに迫る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中