「侵略ぬれぎぬ」論文 自衛隊の「士気」へ影響は?

印刷

   <テレビウォッチ> 田母神俊雄・前航空幕僚長の「ぬれぎぬ論文」で、また新たなことがわかった。これが表面化したとき、「制服組には同じ考えが多いのだろうな」と漠然と思ったが、案の定だ。同じ懸賞論文に応募した235人中、前幕僚長以外に78人が航空自衛隊員だった。

   内容がみな同じだったかどうかは分からないが、78人中62人が(かつて田母神が司令だった)小松基地所属で、空自幕僚監部教育課が、「応募しろ」と勧めていた。さらに幕僚監部が幹部教育で、懸賞と同じ表題で論文を書かせていたというのだから、およその見当はつく。

   懸賞募集したアパグループというのはマンション・ホテル開発会社。代表は、「小松基地金沢友の会」の会長だった。当然田母神とは親交がある。課題の「真の近現代史観」も、むしろ空自が働きかけたのではと、疑いたくもなる。現に、陸海自衛隊、内局からの応募はなかった。

   浜田防衛相は国会答弁で、「特定の考えを強制するものではないが、適切だったかどうか検証の要がある」と述べたが、参院は11日に田母神の参考人招致を決めた。

   この懸賞論文の審査員に、中山泰秀・外務大臣政務官(自民・大阪第4区)が入っていて、本人の代わりに山本秀一秘書が審査にあたっていた。山本秘書は「名前も一切わからないようになっていたが、(田母神論文に)わたしは0点をつけた。中山の心情や歴史観に基づいて採点した。あとで幕僚長だったとわかったとき審査員は驚いた」といっている。

   みのもんたが改めておさらい。「日本が侵略したというのは、ぬれぎぬ」「政府見解に反論できないのなら北朝鮮と同じだ」。「こんなことをいう人が空自のトップだった」

   杉尾秀哉は、「アパとのつながりを疑われますよね」

   吉川美代子は「憲法9条のもとでの自衛隊の存在そのものを表しているような。いいたいこともいえないという……」

   浅野史郎は「こういう考えでブレない人がトップにいる組織というのは、考えの違う人には居心地がわるいでしょうね。自衛隊がそれで運営されているとなると、問題は凄く大きい」という。まさにそこがポイントだろう。

   みのは、「自衛隊の士気に影響しているとまで言ってる」

   吉川は、「懲戒手続きすればよかった。シビリアンコントロールとは何かが問われる」

   浅野は、「参考人で呼ぶのも異例ですよね。自民党が反対してない。まあ公明党の問題があるんですが……」

   浜田防衛相は「退職金の自主返納が望ましい……」といったが、これもおかしな話。トップに任命した方に問題があるんだから。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中