「おふくろさん」解禁 「紅白で」に「待った」かける男

印刷

   <テレビウォッチ> 森進一がようやく『おふくろさん』を歌えるようになった。

待ったをかけるね

   原曲にないセリフを勝手につけて歌っていたことで、作詞した故・川内康範さんの逆鱗に触れ歌うことを禁じられていた。その川内さんは、歌唱を禁じたまま今(2008)年4月、黄泉の国へ旅立った。

   森が再び歌えるようになった背景に何があったのか、番組が取り上げた。

   芸能デスクの前田忠明によると、川内さんは生前「ちょっとやり過ぎたかな~」と語っていたという。

   そんな意向を汲んで「仲介役」に立ったのが、川内さんの長男の飯沼春樹弁護士。飯沼弁護士は昨日(11月6日)、森も同席して行われた記者会見で、心境を次のように語った。

   「このまま、いつまでも封印しておくのはよくない。川内自身、振り上げたコブシを、機会がなくて降ろせなかったのではないか……。川内の胸の内をおもんぱかって、私が封印を解く決断をいたしました」

   封印を解いた背景には、次のようなこともあったという。

   『おふくろさん』を他の歌手に歌わせたらという話が持ち上がっても、生前の川内さんは他の歌手には「歌わせたくない」「歌わせない」と頑なに拒んでいたというのだ。

   ただ飯沼弁護士は、封印を解くにあたり森には「原詞で歌うこと」という条件をつけたという。

   これに応えて森も「『おふくろさん』は自分の人生の一つ。これまで以上に心をこめて歌いたい」と。

   で、森は何時、どこのステージで歌い始めるか、に関心が移ってきた。

   番組が街の声を拾ったところ「やっぱり大晦日のNHK紅白でしょう」。しかしキャスターの小倉は「僕だったら『待った』をかけるね。いつ歌うか、いつ歌うか待ったをかけた方がいい」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中