車乗らない若者は 「なんかシケてる」「つまらない」

印刷

   <テレビウォッチ>「昨日、トヨタがさ、自動車が70%売り上げ減ですよ」とテリー伊藤。9歳の男の子がクルマを3kmも運転したというニュースについて、「(この子に)カートをやらせたら」などとしばらくコメントしたあと、思い出したように喋り出した。

下がってましたね

   経済系の時事ネタを取り上げて、あーだこーだとダラダラもっともらしく(オープニング)トークするのが得意なキャスターが裏番組にいるが、一応文化人枠コメンテイターなテリーがこれをやろうとすると、じつにたどたどしく、まるでサマにならない。

   「営業利益、下がってましたね」と司会のお笑いタレント、加藤浩次。たしかにトヨタの『70%減』は「売り上げ」ではなく、「営業利益」だった。加藤のほうがニュースを把握しており、さながら本業の司会者かアナウンサーのように、合いの手で訂正を入れたのだった。

   そんなテリーが、結局何が言いたいのかといえば「イマの若い人がクルマ乗らなくなってきた」こと。それが不満なのだ。「クルマ乗らないってのも、つまんないんだよね。なんかシケてるじゃないですか。クルマにたいして面白いと思ってくれる子供が増えるといいですよね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中