首相の「庶民派アピール」報道 「『庶民』辞書で引いてみれば?」

印刷

   <テレビウォッチ>麻生首相がきのう(11月9日)、茨城県のつくば、水戸などから全国遊説をスタートさせた。景気対策と生活重視をアピールして、歩いたが、子どもから「そーり」と大声で呼びかけられると、「声でかすぎるぞ。おじさん耳が遠くないから大丈夫」 

杉尾:順番が逆です

   夜はまた、渋谷の居酒屋で学生とビールで歓談。これ自民党の学生部がセットしたもので、スポーツ紙によると、「政治の話は抜き」だったそうだ。盛り上がったのは得意のマンガの話だったとか。その後は、いつも通りホテルのバーへ。

   おとといは、東京・亀有銀座商店街をはっぴを着込んで歩いたり、どらやきを買ったり、ベーゴマ大会に飛び入りしたり。新聞は相変わらず「庶民派のアピール」などと書く。

   みのもんたは、「いちど辞書で引いてみるといいですよ。庶民というのは、どういう人たちをいうのか。ここをはき違えると使い方間違えるんじゃないか」

   末吉竹二郎は、「若い人と接したかったら、学園祭にいけばいい。ビールで乾杯してるときじゃない。困ってる若い人いっぱいいるんだから、そこへいって話を聞いた方がアピールすると思う」

   杉尾秀哉も「一過性でない景気対策というなら、実行しないといけない。補正だっていまの国会にださないかもしれない。そんなことやってたら効果があるものもなくなっちゃう。スピード感が大事」という。

   みのは、「高齢者の食卓を見てみるべき。年金の方が先でしょう」

   一方、「究極の選挙対策」「票を金で買うのか」と野党からはボロクソの「定額給付金」は、支給対象をめぐって閣内、党内意見が分かれて迷走状態。細田幹事長はきのうのテレビで、「申し訳ない。今週前半に政府与党で決めたい」といっている。

   末吉は、「だれにたいして申し訳ないのか。党内じゃなくて国民にいってもらわないとね」

   青野由利は、「閣僚で違うだけでなくて、いってることがだんだん変わってきている。国民からみたら、どれがホントと思ってしまう」「バラマキじゃなくて、しっかりした中長期的システムを目指してもらわないと」という。

   みのは、「中川さんと与謝野さんと、こういってるけど、こうなんだと麻生さんが説明すればいい。なぜできないんです?」

   杉尾が、「政策をちゃんとすり合わせしないで、先に会見でいっちゃったから収拾がつかなくなった。順番が逆です」

   「選挙はないんですか?」とみの。杉尾は「しばらくないんじゃないですか。菅選対副委員長もいってるし。来年春以降ですね」とみる。

   給付金はありがたくいただいても、選挙の方ではガスがたまっていく。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中