「大麻」元露鵬らが提訴 加藤浩次「結局金に流れたか」

印刷

   <テレビウォッチ>「大麻の検査、ワタシたちは認めません」。検査で大麻使用の痕跡が認められたとして日本相撲協会を解雇された2人の力士、元露鵬と元白露山は、検査方法・手続きの正当性を徹底的に争うつもりらしい。解雇無効の裁判に続いて昨日(11月10日)、大麻検査を主導した協会の再発防止検討委員会のメンバー4人を名誉棄損で訴えた。

ちょっと通用しないなあ

   時として日替わりでコメントのスタンスを変えるテリー伊藤は、この2人には一貫して冷ややかな発言を続けている。ただし、彼らの主張をどこまで理解しているかは定かでない。

   「最初は角界に戻りたいと言ってたのに、戻れないと思うと今度はお金を請求する。これはいくらなんでも認められないでしょうね」「事前になんで(検査のことを)連絡しなかったって(原告側は言うが)、事前に知らせるわけがない。ちょっと通用しないなあ」

   「結局お金に流れたか、という感じがします」。いつもは無難に、バランス重視の司会者である加藤浩次も、ここではテリーにべったりと寄り添った。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中