男同士で「キャッキャッ」と料理 その好感度は…

印刷

「太一×ケンタロウ 男子ごはん」(テレビ東京) 2008年11月9日 11時25分~

   TOKIOの国分太一と料理研究家のケンタロウ、出演者はふたりの男子(どちらも30代の立派なおっさんなのだが)だけという料理番組。といっても作るのはもっぱらケンタロウで、太一はたまにお手伝いをする程度でもっぱら食べ役だ。
   放送30回目のこの日のメニューは「鶏肉と根菜の豆乳カレー&豆腐とモッツアレラチーズのサラダ」。太一のためにいそいそと料理するケンタロウ。ケンタロウがフライパンで鶏肉を焼こうとしたら、「鶏肉は皮のほうから焼くんだよね」と得意げに言ったり、料理の途中でケンタロウに「ちょっと味見してい~い?」なんて甘える太一。チェックのシャツにジーンズというおそろいっぽいファッションに身を包み、男同士でワイワイキャッキャッと料理する姿はどこかやおいっぽくもあるが、ふたりとも自然体で、人柄の良さがにじみ出ているのでけっして嫌な感じはしない。
   ケンタロウは簡単で美味しくてボリューム満点なレシピに定評があり、男子に人気があるだけでなく、そんなレシピで男子を落とそうと企む女子にも大人気だ。テレ東はなかなかいいところに目をつけたなあ、と思う。
   ところでこのケンタロウ。顔のヒゲも凄いが、腕や指の毛も相当なものだ。テレビでこんなに毛を見たのは加山雄三以来。料理番組に毛……。熊ちゃんフェチ必見!

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中