2018年 7月 22日 (日)

DAIGO 流行語にならず「恥ずかしうぃっしゅ」

印刷

   竹下登元首相の孫でミュージシャンのDAIGOが使っている「うぃっしゅ」が、「2008ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネートから外れた。

   ノミネートされたのはエド・はるみの「グ~!」、山本高広が俳優・織田裕二のものまね芸で発する「キターー!!」など60語。2008年11月10日に発表された。

   DAIGOは11月11日のブログで「うぃっしゅが入ってませんでしたあ」と残念な報告をした。最近、たくさんの人に流行語大賞狙えるんじゃないかと言われて、

「ちょっとその気になりはじめてた自分が恥ずかしうぃっしゅ」

   代わりに、「キターー!!」のポーズを披露。「うぃっしゅは来年もガンガン使っちゃお」と宣言している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中