押切もえ 初の婚礼着物に「興奮が冷めていない」

印刷

   ファッションモデルの押切もえが初めてプロデュースした婚礼着物のショーが、2008年11月11日に行われた。同日のブログから。

「…まだちょっと、
興奮が冷めていないみたい
やっぱり、ショーは最高デス」

   押切は京都丸紅の着物ブランド「モエオシキリ」から、振袖や浴衣などのコレクションを発表しているが、婚礼着物はこれが初めて。伝統的な柄と、現代的なモチーフを組み合わせ、赤やピンクを使い色鮮やかに仕上がっている。

   コメント欄には、「私の親友はもえちゃんのデザインのウェディングドレス着てハワイで挙式したんですよっ」「私は卒業式にもぇちゃんの袴をきたので結婚式にも絶対きたぃなぁ」と書き込まれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中