2018年 7月 23日 (月)

押切もえ 初の婚礼着物に「興奮が冷めていない」

印刷

   ファッションモデルの押切もえが初めてプロデュースした婚礼着物のショーが、2008年11月11日に行われた。同日のブログから。

「…まだちょっと、
興奮が冷めていないみたい
やっぱり、ショーは最高デス」

   押切は京都丸紅の着物ブランド「モエオシキリ」から、振袖や浴衣などのコレクションを発表しているが、婚礼着物はこれが初めて。伝統的な柄と、現代的なモチーフを組み合わせ、赤やピンクを使い色鮮やかに仕上がっている。

   コメント欄には、「私の親友はもえちゃんのデザインのウェディングドレス着てハワイで挙式したんですよっ」「私は卒業式にもぇちゃんの袴をきたので結婚式にも絶対きたぃなぁ」と書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中