「ギリギリOK」かな? ネプチューンらの新番組

印刷

   日本テレビの「しゃべくり007」。ネプチューンとくりぃむしちゅー、チュートリアルの7人がしゃべりまくる、という番組だ。

   人気も実力も兼ね備えたこの3組を集めるのには、相当な苦労があっただろう。新鮮さを感じる組み合わせだし、数字もとれるカップリングだと思う。敬意を表したい。

   今回見た回は、小倉優子と高橋ジョージ・三船美佳夫妻らがゲストで出ていた。ある質問がギリギリOKかNGか、というコーナーでは、高橋ジョージが、浮気の有無やセックスの回数など答えにくい質問に対して、割とあっけらからんと答えていた。ギリギリOKだったという訳だ。大ヒット曲「ロード」では、22億儲けた、とか言ってたな。

   エド・はるみが出てきて、メンバー7人とともに、味噌汁の具の好き嫌いについて、ああだこうだというコーナーもあった。

   こういう番組にしたい、という意図は分かるし、面白くなくはない。前にも触れたが、こうしたメンバーをそろえたことには敬意も払う。しかし、率直な印象は、「うるせえ番組」だな。笑い声も足し過ぎだ。

   7人とも面白いんだけど、今のままではワーワー騒いでるだけになってしまいかねない。ゲストの人選を、いじりにくい人だとか、彼らの先輩にあたる人たちにするとどうだろうか。これまでとは違った7人の姿・味わいが出てくるかもしれない。コーナーも、「ギリギリOK~」はいいと思うけど、ほかは再考の余地がありそうだ。始まったばかりなので、これからどう展開していくか、気になる番組だ。

      女子アナの 出てないトコが 新鮮だ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中