お酒やめたら体重減!「聖女気分」の私を邪魔したもの

印刷

   「私ね、今日で1週間禁酒しているのよ!」

   キッカケはこの言葉だった。

   やられた。ある番組で一緒に仕事をしている大のお酒好き女性スタッフが、さわやかにこう告げた。

   「ええ~~~~~~~!」

   私含めスタッフ一同がマンガのようにのけぞった。誰もが認める大酒飲みの禁酒は衝撃だった。しかし、驚くのはまだ早かった。

飲まなかったバツ印をカレンダーに

   「1週間お酒飲まなかったらね、体重が2.5kg減ったのよ」

   頭のなかで、エコーが鳴り響いている。2.5kg、2.5kg減った……

   これで決まった! よし、私もやろう!!

   大酒飲み女の私は、毎晩自宅隣のコンビニで500mlのビールと350mlの缶チューハイを買って帰っていた。コンビニが隣にあるのが罪なんだよね~、と思いつつ、仕事を終えて深夜1時、2時に1人家で飲むお酒はことのほか旨かった。

   しかしだ! 彼女が禁酒できるなら、私にも出来るかもしれない。

   その夜から、コンビニに寄らずにまっすぐ帰宅。私の禁酒が始まった。

   それからは、就寝前に飲まなかったバツ印をカレンダーにつけるのが日課。

   1、2、3、4、5……と、徐々にバツが増えていく。

   ニンマリ。できるじゃん! 私。

   他の女性にこの話をすると、感化されて一緒に禁酒に取り組むことになった。量こそ少ないものの、彼女も晩酌家だった。

   仲間が増えたことで、はずみがついた。嬉しいことに体重も減り始めていた。禁酒4日目にして、なんと体重マイナス1.5kg。よし! これはイケる!! ベッドの中で小さく自分を褒め、翌朝、女2人でお互いの禁酒を確認し合っていた。

目の前に『純米吟醸』の4文字が

   今夜で禁酒いよいよ7日目。飲みの誘いも断ったし、この夜を乗り切ったら1週間禁酒に成功する! 気分はさながら聖女で1人自己満足に浸っていたその時。

   「ピンポーン」

   こんな夜に限って、珍しく友達が家に遊びにきた。しかも手土産に八海山を持って……目の前に『純米吟醸』の4文字がちらつく。

   禁酒の旨を告げたのだが、あまりにも美味しそうに八海山を飲む彼を見ていると、いてもたってもいられなくなった。

   そして……

   一口舐めてしまった。う、うまい! 私の舌と喉は歓喜に包まれた。

   こうして、あっけなく私の戦いは終わった。今夜はカレンダーにバツ印をつけることなく眠り、明朝、一緒に闘ってきた仲間に敗北したことを話さなくてはならない。我ながら意志の弱さに感服。私、やっぱりダメ子だったわ……

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中