宇多田ヒカル 「心と身体のケア、自分でやるしかない」

印刷

   歌手の宇多田ヒカルは以前、ブログでアザができやすいことを明かしていたが、検査をしたと2008年11月17日に報告している。

   前からアザができやすいことや、なぜか体重が減り続けているのが気になっていて、病院に血液検査をしに行った。ファンから、「特発性血小板減少性紫斑病」ではないかというメールも寄せられたらしく、「初耳っすよ!」。

   そんな指摘もあって、宇多田は白血球と赤血球の量、栄養状態、ホルモンバランス、一通りの感染症の検査をしたが、「なんも問題なかった」。性感染症、エイズ検査も初めて体験した。

「なんだかんだいって怖いもんだねやっぱ。なにも感染してないって知った時すげーほっとした(笑)」

   人間ドックの予約もしており、「徹底的にやるっす!」と意気込んでいる。そう思うのも、こんな理由があるからだ。

「自分の心と身体のケア、自分でやるしかないからね。やりすぎ、気にしすぎは良くないと思うけど。
私は、私らしくいられるように必要なだけのケアを、したいと思ってる。
大事な人たち、仕事、私を心配してくれるみんな、そして自分に対して、その責任があると思ってる」

   人間ドックで大好きな検査がある。「MRI検査」だ。あおむけに寝た状態で、機械の中に入る時の音が「ちょーかっこいい」「周波数的には飛行機が滑走路を走行してる時の音に似てる」と気に入っている。久しぶりにMRI検査ができると思うと、人間ドックが楽しみで仕方ないそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中