「年金は口実」説の「真の動機」 元次官宅連続襲撃

印刷

   <テレビウォッチ>元厚生次官宅連続襲撃事件では、スッキリ!!探偵所も犯人像のプロファイル、および犯行の目的を調べはじめた。といっても、『専門家』は犯罪心理にくわしい作田明一人がVTR出演しただけで、やや寂しい印象だ。

思想教育の団体があって…

   作田によれば、犯人は「強い顕示欲」があり、とにかく「大きな騒ぎを起こしたかった」。「厚(生)労省」「年金」といった問題は後付けで、ほとんどどうでもよかった可能性があるのである。「社会の怒りは年金に向かってるので、それを口実にして自分で(国に)制裁を加えるという、ね」

   番組は、スタジオでさらに作田説を展開する。こちらも事件ネタの専門家ではある阿部祐二リポーターが、フリップを手にし、「作田さん、大胆な見方をされてますね」などと、いまいち納得いかなそうに専門家を解説しつつ、「(犯人は)逮捕される覚悟もできている」などの見方を伝える。

   市井の人間心理研究家、テリー伊藤は複数犯説にこだわっている。「たとえば歪んだ思想教育の団体があって、彼はそこの鉄砲玉のような人間かもしれない。そういう連中がいる可能性も考えないと」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中