「解散否定」 上地の「笑顔」と「ウンザリ顔」

印刷

   <テレビウォッチ> 昨日(11月20日)、東京スポーツで「解散」と報じられた人気おバカユニット「羞恥心」。メンバーの1人、上地雄輔がおバカキャラに嫌気がさしたためだという。

やっぱ…

   「はたして新聞が伝えるように(上地の)おバカキャラはニセモノだったのか!?」。極端に抑揚を強調した滑稽な調子で、ナレーションが言う。この番組のナレーションも日に日におバカになっていくようだ。

   それはともかく、昨日記者と会見した上地本人は屈託のない笑顔で「(解散は)ないです、ないです」「ボクはバカを隠してないですし」と解散否定、おバカ肯定。

   「やっぱ東スポ(のいい加減な記事)でしたね」と司会の加藤浩次も納得顔。番組的には東スポの誤報、当分解散なしとの結論に至ったようだ。

   しかし先月、他でもないこのおバカな番組に上地が出演し、先輩芸人の加藤からおバカキャラとしてイジられまくったとき、上地はたしかに多少ウンザリ気味にも見えた。

   おバカだからといって、おバカでいることに悩まないとは限らない。それを隠しての昨日の会見だとすれば、たいしたおバカと言うべきなのか、おバカじゃないと言うべきなのか。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中