ネット動画やブログ駆使 「現実味」あるホラーの良作(ダイアリー・オブ・ザ・デッド)

印刷
(C)2007 George A.Romero's Diary of the Dead,LLC.All Rights Reserved.
(C)2007 George A.Romero's Diary of the Dead,LLC.All Rights Reserved.

   <ダイアリー・オブ・ザ・デッド>山奥で映画を撮影していた大学生のジェイソンたちは、ラジオから流れてきた死者が蘇っているというニュースを聞く。はじめは半信半疑の彼らだったが、実際にゾンビに出会ったことで、目の前の惨劇をビデオカメラで撮影していくことにするのだが・・・。

   ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督は、本作で昨今流行のフェイクドキュメンタリー形式を用いて、情報化社会の功罪を訴えている。ゾンビが溢れかえり世界中が混乱すると、公共メディアが機能しなくなり、個人の主観に偏った情報がネット上に溢れかえる。この映画では実際にYou Tubeや携帯の動画、監視カメラやブログなどを登場させることでリアルさを追求している。メッセージを伝えるのが少し説明くさい部分もあるが、情報の発信者に求められるモラルや責任が希薄になっている現在の社会情勢を痛烈に批判している。

   しかし、この映画でもロメロ監督のブラックなユーモアは健在で、学生達の撮っていたホラー映画と同じシチュエーションでゾンビに襲われたり、アーチェリーでゾンビと戦ったりするなど、血しぶきの中でクスリと笑わせる技はまさに名人芸だ。ほぼ手持ちカメラの映像だけで構成されているので、まるで自分がその場にいるかのような臨場感で、病院や洋館など、ホラーゲーム好きにはたまらない場所でゾンビと戦ったりもしている。

   ホラーに社会批判とユーモアを絶妙に掛け合わせて、見ごたえのある作品に仕上げた、ホラー映画の良作といえる。

ジャナ専 ぷー(JJC漫画研究会部長)

   オススメ度:☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中