2018年 7月 19日 (木)

そのタイトル大げさでは? 「某番組との違い」も定かでは…

印刷

   <テレビウォッチ>TBSの「悪魔の契約にサイン」。加藤浩次やマツコ・デラックスらがレギュラーだ。「悪魔のセールスマン」と称し、ケンドーコバヤシやおぎやはぎ小木、有吉、宮川大輔が登場する。

   今回は、以前「新加勢大周」だった坂本一生の芸名をどうするかという話が出ていた。「新」ではない加勢大周が覚せい剤と大麻を所持したとして起訴され、これはイカンということなのだろう。

   宮川が提案したのは、韓流ブームを意識して「イ・ビョンビョン」、ケンドーコバヤシは「大麻ダメ男」といった具合だ。「銀座の母」も出てきて「大旗一生」とやった。結局坂本は、「大旗一生」を選び、実際に改名するそうだ。改名しないと引退、という「悪魔の契約」を結んでいた。

   あとは、山本高広が「万引きGメン」に実際に挑戦し、ノッチが亀有で麻生首相に接近を試みたがすれ違いばかり、なんてのをやっていた。万引きGメンものは、取材はしっかりやっていた。

   どうも「電波少年」もののノリだ。というかそこから発展させていない。もっと知恵が出せないのか、と腹が立つほどだ。キャスティングも新鮮味がない。タイトルをみて「おやっ」と思ったから見てみたが、「悪魔の」とは大げさだ。「悪魔」ってのはスポンサー受けもよくないかもネ。

      忘れてた 電波少年 よみがえる?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中