三津谷葉子、高速道路で危うく大惨事

印刷

   グラビアアイドルの三津谷葉子が2008年11月22日のブログで、危うく交通事故を起こしそうになっていたことを明かした。

   先日、実家から車で帰宅していたところ、高速道路で異変を感じた。車体が「すんごい」揺れ始め、「恐る恐る」ミラーで後方を確認すると、タイヤから「ものすごい煙」が出ていたという。

   そして、車を停めたいが、高速道路なので急に停車することもできず、どうしようかと悩みながら再度ミラーを見た「その瞬間」、「タイヤが吹っ飛んだ!!」

   車を寄せて「しばし呆然」。警察に電話し、10分後にはスペアタイヤで「なんとか」帰ることができた。原因は、タイヤがパンクしているのに気付かず、高速道路を走ってしまったこと。今回は無事に済んだが、もし後方に車が走っていたら大事故になっていた可能性もあったという。

「定期的に車を点検しなければと心に決めました。本当に助かって良かった。24歳も波乱万丈になりそうです」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中