工藤公康 「安仁屋恵壹」にピッチングを指導!

印刷

   プロ野球横浜ベイスターズの工藤公康投手が2008年11月23日のブログで、人気ドラマ「ROOKIES」の撮影現場を訪ねたと紹介している。

   この撮影では、「サプライズゲスト(コーチ?)」として参加したという工藤投手。200勝投手も、この日ばかりは、「自分の出番が回ってくるまで、非常に緊張しました」。

   主人公の安仁屋恵壹役をつとめる市原隼人には、ピッチングの技術指導をしたそうだ。もっとも、教えたことをすぐに飲み込んでしまう市原には驚きを隠さない。

「『お尻から出ていったほうが、より格好よく見えるかな』と言ってみましたが、すぐに出来るようになり、ちょっと僕もびっくり!」

   プロの中でも、言ったことをなかなか動きに結びつけられない選手もいるからと、市原の身体能力の高さには大絶賛だった。

   また、メンバーのみなは元気よく、笑顔で挨拶してくれたとのこと。謙虚な姿勢はすがすがしく感じた、と太鼓判をおしていた。

「やはり第一線で頑張っている人はどの世界でも同じなんだなと改めて感じました」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中