松たか子の結婚 幸四郎「爽やかな」ぼやき

印刷

「ボクらの時代」(フジテレビ) 2008年11月23日 7時~

   様々なジャンルで活躍する3人が集まってトークをするだけのシンプルな番組。司会を立てず、3人が喫茶店などで普通に喋っているような自然体のトークが楽しい。これまでにも小泉今日子×本木雅弘×香川照之の同年代トーク、小錦×曙×武蔵丸のハワイ出身元力士トーク、野田聖子×橋本聖子×小渕優子の女性議員トークなど、他の番組ではまず見られないようなキャスティングも興味深い。
   この日は松本幸四郎×市川染五郎×松たか子の親子トーク。3人共に演者ということで演劇論なども語っていたが、面白かったのは娘・たか子の結婚について、ぼやきっぱなしの父・幸四郎の姿だ。「娘は嫁に行かないと思っていた」とか「ギターを貰った時に気がつけば良かった」とか。ギターが欲しいと言ったら、たか子がマーティンの使い込んだギターをプレゼントしてくれて喜んでいたけど、その頃から結婚相手(ギターリスト)と付き合っていたに違いない、あの時気づいていれば、とぼやくぼやく。染五郎も「あきらかに僕の(結婚の)時とは違うよね」と父がいかに狼狽していたかを語る。
   幸四郎が自身の結婚について「もういいかで結婚し、子育ての90%を任せ、彼女は僕に常識を教え、僕は彼女に非常識を教えた」とかっこよく語るも無反応の子供たちに、ここは笑ってくれないと、と要求。親子の和やかな雰囲気が画面からも伝わってくる。
   日曜の朝にぴったりの爽やかな番組だ。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中