2018年 7月 21日 (土)

金融支援はいいけれど 「米社長給料もらい過ぎ」

印刷

   <テレビウォッチ> 「アメリカの社長さんてのはすごい給料もらってんだね」とみのもんた。

常識的にそうだよ

   「そうなんですよ。給料だけじゃなくて生活ぶりが」と竹内香苗が応ずる。

   米政府は金融機関などに、7000億ドルの公的資金投入を決定したが、先の米上下院の公聴会で、自動車ビッグ3のトップがやられたように、あらためて経営者と庶民感覚との格差のすごさが認識され非難ごうごう。東京新聞が、これをまとめている。

   公的支援を申請した主な米企業トップの報酬

   ゴールドマン・サックス…5396万ドル
   メリルリンチ…8309万ドル
   ファニーメイ…1336万ドル
   AIG…1393万ドル
   シティーグループ…316万ドル
   ゼネラルモーターズ(GM)…1574万ドル

   ちなみに米大統領は40万ドルである。

   これにはさすがに、「支援を受けた企業のトップの報酬に制限を設ける」などの動きが出ているという。

   みのは、「常識的にそうだよ。会社がもうかってるんならいいけど、給料カットだのリストラやろうというときに、トップの収入が2桁、3桁違うんじゃない?」。

   与良正男も、「ビッグ3のトップが公聴会に専用機で乗り付けてるんだから」。

   この問題では、月曜日の「めくり斬り」でGMを斬っていた。

   デトロイトとワシントンの距離は、だいたい東京-広島くらい。これを専用機で往復すると、約2万ドル。普通の民間航空便だと、ファーストクラスでも約1700ドルだと。

   で、GMのリチャード・ワゴナー会長の年間報酬が、上記のように15億円以上では、「そりゃあいわれますよ」とみの。「KYは、空気が読めない」。では「GMは?」

   「現場が見えなーい」と落としていた。

   ちなみにGMの負債総額は、19兆円なのだそうだ。

   あまりに数字が大きすぎて、全然実感がわかない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中