名古屋名物もビックリ! 1度で2度美味しい「ダブル飯」

印刷

   今回のグルメガイドのテーマは「世界のダブル飯」。「ダブル飯」とは、スタンダードな方法でメニューを味わった後に、何か手を加えることでその味の変化を楽しむズバリ「1度で2度美味しい」メニューのことなのだそうですが、そのアレンジ方法はスープをかけて食べてみたり、ご飯とまぜこんでみたりと様々。さて、和食の代表として紹介された焼鳥店「麻布とさか 赤坂店」では、どんな変化を楽しませてくれる「ダブル飯」に出会えるのでしょうか。リポーターは、中村明花と渡邊志穂。

半分食べたところで薬味を…

焼き鳥は1人前ずつ炭火で丁寧に。「鶏ひつまぶし」
焼き鳥は1人前ずつ炭火で丁寧に。「鶏ひつまぶし」

   「麻布とさか 赤坂店」は2008年10月23日、アークヒルズ(東京・赤坂)内にオープンしたばかりの「麻布とさか」第2号店。間接照明で照らされた店内は木のぬくもりがあたたかく、落ち着いたオトナの雰囲気を醸し出しています。国内産の地鶏にこだわった焼き鳥で、この「赤坂店」も早くも常連さんができるほどなのだとか。

   さてさて。お目当ての「ダブル飯」ですが、それはランチメニューの中にありました。 その名も「鶏ひつまぶし(1000円)」。ひつまぶしと言えば名古屋名物のウナギ料理だから、これはその鶏バージョンと言ったところ。ランチに来るお客様の約4割が注文するという人気メニューだそうですが……「ひつまぶし」と聞いた瞬間に食べ方が想像のつくかた、いらっしゃるのでは?

   まずは、焼き鳥丼の体裁。ごはんの上には、たっぷりとタレをつけて炭火で焼かれた鶏肉がゴロゴロと載っていて、う~ん贅沢。こうばしい甘い香りと炭火焼きならではの炭の香りがほのかに漂います。ネギ・ミョウガがその味にアクセントを加え、さらに揚げた鶏皮が入っているのが美味しさをさらに引き立たせる役割を担っています。これだけでもリポーターは、

   渡邊「タレのいいにおいがするよ~」

   中村「お肉やわらか~」

   と満足げなご様子。ですが、「ダブル飯」というからにはここからが本番。半分ほど食べたところで薬味を入れて、上からアツアツの昆布ダシをかけお茶漬け風にサラサラッといただきます。1つのメニューで2つの楽しみ方ができてしまう、これぞ「ダブル飯」の醍醐味。そのお味は……

   中村「また、味が変わったね~」

   中村「この昆布ダシに鶏肉のタレがじわ~っと染みて、合いますね」

   焼き鳥の焦げたところもまた、昆布ダシと合わさったときの美味しさのポイントなのだとか。1000円でこの満足感は、人気メニューなのも納得です。

焼き鳥とフレンチの技

   この「麻布とさか」についてですが、サイトによれば『高級食材を使ったちょっと上品なグリル屋』がコンセプトのお店。高級食材といってもただ単に価格が高いものだけを示すわけではなく、こだわりをもってつくられた価値の高い食材のことを指しているそうです。ディナーには、東京軍鶏を使った定番の焼き鳥を始め、フレンチの技法を取り入れた「手羽先のコンフィ」「白レバーのムース」なんていうのも。「『とさか』には、フレンチのシェフと焼き鳥職人がいるんですよ」と礒部店長が教えてくれましたが、焼き鳥とフレンチのエッセンスが共存しているのが「麻布とさか」独特のスタイルのようです。

   では「鶏ひつまぶし」も名古屋にゆかりがあってのことで……と思ったら、こちらは「いえいえ。『鶏ひつまぶし』は、その食べ方や調理方法にヒントを得たという感じなんですよ」とのこと。フレンチに名古屋名物。自由な発想で料理をアレンジするところにもまた、料理人の技を感じたのでした。

早稲田大学 綾リィ

*TBS系「王様のブランチ」(2008年11月22日放送)

麻布とさか 赤坂店>
港区赤坂1-12-32ア-ク森ビル1F
TEL 03-3568-1884
(営業時間)
ランチ 11:00~14:30(L.O.14:00)
ディナー平日 17:00~23:00(L.O.22:00)
ディナー土日祝 17:00~22:00(L.O.21:00)
年中無休
(気になるメニュー)
ランチ 鶏ひつまぶし 1000円
ディナー とさかコース 2950円

●紹介された他のお店

龍圓
台東区西浅草3-1-9
TEL  03-3844-2581
(気になるメニュー)
フカヒレのスープ(1カップ) 1100円

カフェ・ハイチ 新宿本店>
新宿区西新宿1-19-2シルバ-ビルB1F
TEL  03-3346-2389
(気になるメニュー)
チキンの洋風ガユ 977円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中