スザンヌが憧れる「本当に素敵な女性」とは

印刷

   ファッション誌「VOGUE NIPPON」がさまざまな分野で活躍した女性たちに贈る「ウィメン・オブ・ザ・イヤー2008」に、女優の宮崎あおい、お笑いタレントのエド・はるみ、ソフトボールの上野由岐子選手、タレントのスザンヌら8人が選ばれ、授賞式が2008年11月26日に行われた。スザンヌは同日のブログで、新たな決意を綴っている。

   ファッション誌主催の授賞式ということもあり、受賞者のファッションに注目が集まった。スザンヌは赤い振り袖を着て、式に臨んだ。ブログには着飾ったエドや上野選手と撮った写真を載せている。2人は「本当に素敵な女性で憧れ」だという。

   そんな憧れの上野選手と、こんな話をした。スザンヌが「やっぱりスポーツっていいですね! 感動しますよね」と言うと、上野はこう答えた。

   「スポーツだけじゃないですよ。一生懸命に頑張ってる姿に人は感動するんです」 これに納得したスザンヌは、

   「わたしも、感動をあたえられるぐらい、人生一生懸命生きていきます」 と決意を新たにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中