「舛添さん、なんでフォローしないの?」 首相失言問題みのの疑問

印刷

   <テレビウォッチ> 同じ話を2日続けて、とはいい神経してるなと思ったら、「また謝った」んだと。例の「たらたら飲んで食べて何もしない人も分の金(医療費)を何で私が払うんだ」というヤツ。

   麻生首相はきのう(11月27日)、「病のある方に不快な思いをさせたとすればお詫びします」。しかし続いて「予防医学の話をしたんだ」「(インセンティブ=特典について)交通事故よく起こす人とそうでない人では保険料が違う。全然病気しない、努力してる人にはなにかあったらいい」と。

   しかし、街の声はきつい。

   「主人が1級障害者なんで……怒りを通り越して悲しいだけですね」

   「私たちのこといってるんでしょ。麻生さんだけ払ってるわけじゃないものね」

   「漢字が読めないのはご愛敬だが、今度のことは高齢者のことを考えてるとは思えない」

   野党はさらにきびしい。

   「なりたくて病気になるわけじゃない。努力をしても病気になる人がいる。それをみんなで支え合うのが保険制度」(民主党・菅代表代行)

   「公的医療保険制度の否定ですよね。一国の総理がこういうことを口にするのは恐ろしい」(共産党・志位委員長)

   「いままでも、『それをいっちゃぁおしまいよ』みたいなことを言ってるが、あれは決定的だね。やっぱり太郎ちゃん、(総理に)なったらいけなかった」(国民新党・亀井代表代行)

   さらに身内からも。

   「沈黙は金、放言はメッキ。はがれないように余分なことはいわずに……」(山崎拓)

   「言い回しとしてちょっとね」(山口俊一・首相補佐官)

   「いわれる通りなら、不適切な発言」(公明党・太田代表)

   「ひとつの個性ですが、本意を理解していただく努力はしなければならない立場だと思う」(河村官房長官)

   先週には、「医者には非常識な人が多い」とやって陳謝。医師会の代表に会って発言を撤回したのだが、「たらたら……」発言はその3時間後だった。

   みのもんたは、「あげ足をとるわけじゃないけど、とられてもしょうがない。それより、この会合には与謝野さんが出ているのに、なんでその場でフォローしなかったの? 舛添さんもいたのに途中で帰っちゃった。こっちの切り口の方が面白いと思うんですが」(笑い)

   浅野史郎は、「ホントそうですよ。フォローすれば薄まるんですが、身内からも見放されてるのか」といって、みのを押しのけてボードに歩み寄り「怒りより恥ずかしいというのはきびしいですよ。じわじわ効いてきます」

   みのが、「杉尾さん、心配になりました。来週から司会が浅野さんに代わるんじゃないかと」(爆笑)

   「いま遠心力ばかり。求心力がない」と杉尾秀哉。

   みのは、「わたしがブレーンでいれば、『アッ、口が滑っちゃいました』とフォローしたんですがね」。いや、この内容は、そんなフォローでは無理です。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中