「タレントになれそうですね」 メキシコ・空港暮らし日本人に太鼓判

印刷

   <テレビウォッチ> メキシコの空港内で暮らす日本人男性を番組が電話インタビューしたのは11月26日。早くも2日後にそのネタを使い回すのがこの番組というものだ。

しょーもない

   しかし、今回はテリー伊藤が後日談を付け加えて笑いを誘った。(おそらくはほかの番組で)この男性とふたたび話したというテリー曰く、「しょーもないことを言ってんですよ」。

   そんなにメキシコが気に入ってるなら、メキシコ(の空港以外の場所)に住めば、とテリーがアドバイスすると、男性もそのつもりはあったのだという。「メキシコの女の子をナンパして、家に転がり込もうとしたが、3回失敗した」

   頼みがあるというので聞いてみると、「キムタクに会わせてください」と、トボけたリクエスト。「バカなこと言ってんですよ、コイツ」

   スッキリ!!のインタビュー時は、正月までに帰国する意向を示していたが、じつはそれも迷っているそうだ。いずれにしろ、ビザの滞在期限は2月まで。それまでには帰国することになる。

   「彼は帰ってきたら、タレントになれそうですね」と、天才テレビ演出家は目を光らせる。だが、その寿命は「3か月ぐらい……」だそうである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中