新型インフルエンザの恐怖 みのもんたが教える「予防法」

印刷

   <テレビウォッチ>新型インフルエンザの発生に備えた「行動計画」が改定される――とのニュースを受けて、司会のみのもんたはインフルエンザについての多彩な知識を披露した。

みの:そういうことですからね

   「あらかじめ風邪をひいておいて、免疫力を高める」という、思いっきりのいいインフルエンザ予防法を紹介したあと、ふと思いついたようにTBS解説委員の杉尾秀哉にこう聞いた。「インフルエンザが生まれるところって、だいたいわかってるんでしょ?」

   「まあ、だけど、わかってないですよね」。アドリブ的な質問をされると機嫌が悪くなる杉尾は、嫌々そうに答える。

   だが、みのにはすべてがわかっていたのだ。「まず豚に感染して、変異を起こす地域がアジアの大陸のどこか。そこから一気に広がり、鳥に感染して――」。なかには、生意気なことに飛行機に乗ってくるインフルエンザもいるそうだ。

   「そういうことですからね、これね」と、最後は自信ありげに解説を締めくくった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中