2018年 7月 22日 (日)

上地雄輔 「1か月後、絶対自分を誉めてやりたい」

印刷

   「羞恥心」の上地雄輔は2008年11月30日のブログで、今年は「超特急」で走り続けたと振り返っている。

   「羞恥心」としての活動にとどまらず、バラエティ番組、ドラマに出演して多忙だった今年、「もぅあと1か月」ではなく、「やっとあと1か月」と感じている。去年の今頃は、「来年はゆっくり走ろう」と心に決めていたが、結局、「超特急」で走り続けてしまった。

「飛ばし過ぎて心配や迷惑をかけたみんなには本当に謝りたいです。
でもなんか止まれなくなっちゃいました。
止まっちゃいけなくなりました」

   先日、今年やった仕事の資料を見てみたら、自分でも「凄すぎる」と思った。どこに行っても、ベテランさん、大御所さん、お偉いさんに毎回、「本当大丈夫?」と言われるワケだ、と納得する。「1か月後、絶対自分を誉めてやりたい」。

   今も、前だけを見て、がむしゃらに走り続けている。

「ほなあと1か月!
行くぞーっ」

   気合いを入れて、ラストスパートをかける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中