2018年 7月 22日 (日)

3時間遅刻も問題ナッシング~ エド・はるみら流行語大賞

印刷

   <テレビウォッチ>今年話題になった言葉を選ぶ「2008ユーキャン新語・流行語大賞」が12月1日発表された。番組が「前代未聞のハプニング~が起きました」と取り上げたのは、エド・はるみの「ロング・ロング・ウエイティング~」。

アラカンという言葉も

   まず、これも前代未聞の内なのか、ただ1人受賞を辞退した福田前首相。

   9月の退任会見で記者に対し発した「あなたとは違うんです」もトップテンのなかに選ばれたが、本人からは「誠に光栄ですが、ご辞退申し上げます。花深く咲く処、行跡なし」のコメント。

   で、年間大賞に輝いたのは2つ。40歳前後の輝く女性を意味する「アラフォー」とエド・はるみの「グ~!」。

   「アラフォー」は「Around40」の略。同じタイトルのテレビドラマで定着した。

   会場ではまず、主演女優の天海祐希がアラフォーの女性の皆さん、ますます自立を強く、派手好みで楽しく過ごしましょう」と挨拶したのだが……続いてすんなりエドの「グ~!」登場とはいかなかった。

   記念撮影も終わり、受賞者も引き上げ待つのはカメラマンや記者たちだけ、用意された料理もスッカラカンで、「グ~グ~」いうのは腹だけ。

   「ちょっとタイミング~がマッチング~(しなかった)」と現れたのは3時間後だった。

   それはともかく、スタジオではタレントの室井佑月が「40代になると楽になるのかな~私は後1年ちょっとなんだけど、今は生きるだけでキツーイ」と。

   弁護士の大澤孝征が「『アラカン』という言葉もありますよ。『アラウンド還暦』…」。これにわる乗りした室井が「『アラウンド棺桶』というのも……」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中