新プロジェクトなのか? 「万引き」NHK職員「店から脅迫」

印刷

   <テレビウォッチ>警察には「やりました」と認めながら、取材記者には「店員から暴行や脅迫を受けた」と。スタジオでは「全然違うじゃないですか?」(ジャーナリストの鳥越)と、批判が噴出した。

身元もしっかりしているし…

   人気番組の「プロジェクトX」の制作責任者だった今井彰・NHKエクゼクティブ・プロデューサー(52)が万引きをしたとして警視庁に窃盗容疑で検挙された事件だ。

   事件は、11月30日夕、NHKから10分足らずの東京・渋谷にあるバーゲンセール中の衣料店。

   男性が、持っていたビニール袋にTシャツやマフラー、ストールなど4点、7300円相当の品物を入れ、万引きしたところを店の警備員に発見され、警察に引き渡された。

   調べに対し「やりました」と容疑を認めており、同庁は書類送検する方針だ。

   取材したリポーターに、衣料店の店員は「謝っていましたよ。ごめんなさい、ごめんなさいって……」と。

   また、NHK のコンプライアンス担当理事も「窃盗容疑で検挙されたことは大変遺憾で、本当に重く受け止めています。『プロジェクトX』の制作責任者であったわけで、指導する立場の人間ですから……」。

   ところが今朝の日刊スポーツの記事によると、取材した記者に対しこのプロデューサーが語ったのは……

   「店内が混んでいて気分が悪くなり、休憩しようと店の前の歩道に出たら『万引きだ』と嫌疑をかけられ、店員や警備員に認めるよう暴行や脅迫を受けた」

   「騒ぎを終わらせたい一心で、警察には未清算商品を持ったまま店外に出た外形的事実を認めたが、盗む意図はなかった」

   鳥越が「警察に(万引きを)認めたことと、取材に応えていることが全然違うじゃないですか?」と。

   作家の若一光司も怒った。「逮捕され身柄が拘束されたわけではないのに、なぜ本人が出て来ないのか。違うなら正々堂々と釈明すればいい。なぜ組織の陰に隠れるのか、NHKも何故それを隠すのか」と吠えまくる。

   弁護士の大澤孝征が「否認していれば身柄を拘束しているはず。拘束していないということは、本人が認めているということ。身元もしっかりしているし……」。

   事件前後の経緯から見て、記者に語ったコメントは言い逃れとしか受け取れない。往生際の悪いマスコミ人ほどかっこう悪いモノはない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中