テリー「ケータイで想像力欠落する」 

印刷

   <テレビウォッチ> きのう(12月4日)の番組で、加藤浩次とテリー伊藤の意見が分かれた「大阪府の公立校での携帯電話規制」を、さらに掘り下げた。が、メリット、デメリットの見極めはなかなか難しい。

   便利さの一方で、ネットでの誹謗中傷、いじめ、出会い系サイトから犯罪に関わるなど問題もいっぱい。過度の依存症の子は、勉強の時間を削ることになる――これが橋下知事の問題提起だ。

   現代用語検定協会のアンケートでは、携帯を持つことについての賛否は、親と子では逆になる。親は反対66.3%、賛成27.7%。子は反対34.2%、賛成59.4%と出た。

   子どもたちは、「友だちと連絡」「楽しみがなくなる」「禁止にしてももっていくよ」

   しかし、教育評論家の尾木直樹は、「基本的に必要ない。トラブルが起こっても自己責任とれる年齢じゃない」という。千葉大の藤川大祐准教授も「依存し過ぎないルールづくりが要る。親がいるときは、リビングにおくとか」と。たぶんこれらが正論なのだろう。

   で、スタジオで「小中学生に携帯を持たせるのは?」を問うた。加藤1人が賛成で、テリー、さかもと未明、八代英輝、葉山エレーヌはみな反対。

   八代は、「きのうも裏サイトで傷害事件があった。有害サイトのデメリットが大きすぎる。親は携帯を持たせることで自分が管理した気になっているだけ」

   加藤は「GPSが犯人逮捕に役立っていることはある。与えたうえで、正しい使い道を教えた方がいいのではないか」

   テリーは、「学校で禁止すると禁断症状になりますよね。タバコみたいに。禁止するんなら学校だけじゃなくて全部禁止しないと、夜やり始めますよ」「それより、(携帯使用で)想像力、予知能力が欠落する」

   加藤が首を傾げる。「想像力が?」

   テリーは「電話ならいいが、メールやネットだと、興味のあるものしか見なくなる。新聞読んでると、興味のないものでも目に止まるでしょ」

   八代が、「携帯だけじゃなくて、パソコンも?」

   「おや、そこまではいわないけど、特定の人だけ、自分たちだけの世界になるのが恐い。最近の大人もそう」

   加藤は「小学校の高学年からはいいんじゃないか。機械に慣れていかないといけない」。

   「お子さんには?」と聞かれて、「1年生だけど、持たせてます」

   テリーが、「中学くらいになると、親としゃべりたくないことがあるが、携帯だと案外しゃべれるかもしれない。でも小学生だと、人の意見を聞かなくなる」

   うーん、これはなかなかむずかしい。これから大阪でなにが起こるか、注目しよう。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中