インド同時テロの「新しい」点

印刷

   インド・ムンバイで起きた同時多発テロで、インド・パキスタン関係が険悪になっている。実行犯がパキスタン人だとするインドに対して、パキスタンは「関与を裏付ける証拠はない」と突っぱねたまま。米政府はライス国務長官をインドに派遣して、武力衝突回避に懸命だ。

拘束された男「ラシュカレ・タイバ」

   実行犯は10人だった。9人は射殺されたが、国籍は不明。たった1人身柄を拘束された男は、「カラチから船で来た」と話し、「ラシュカレ・タイバ」という名前を口にした。カシミールなどでのテロで知られるパキスタンのイスラム過激組織である。

   彼らは事件のあった11月27日夜、ゴムボートでムンバイの海岸に上陸するのを目撃されていた。それによると、男は8人で、2人ひと組みで町へ去ったという。ほどなく市内で多発テロが起こった。ムンバイ駅、ホテル、レストラン、ユダヤ教施設で手投げ弾と無差別銃撃で、171人が死んだ。

   インドではイスラム過激派によると見られるテロが多発しているが、今回の事件はいくつかの点で、これまでと異なる。

   インド国内のイスラム教徒によるテロの標的は、ヒンドゥー教徒のインド人だったが、今回は外国人をねらっていた。実行犯はホテルで、アメリカ、イギリス人をさがしていたといい、また、ユダヤ教の施設が襲われている。死者のうち26人が外国人(日本人1人)だった。

   また、手口も自爆テロではなく、銃の乱射などが2001年の国会襲撃事件に似ていた。この事件は「ラシュカレ・タイバ」が起こしたとされている。さらに、少なくとも2人が先行してホテルに投宿しており、金属探知器のある正面入り口を避けて裏口から侵入していた。内側から手引きした者がいたことは確か。彼らがインド人であった可能性もある。

   現地で取材を続けているNHKの小阪田和也記者(ニューデリー支局)は中継で、「ラシュカレ・タイバの関与は明らかだが、インド人かどうかはわからない。当局はパキスタンの勢力がやったという姿勢だ」という。

「テロ拡散の中心はパキスタン」

   両国はカシミールの領有をめぐって紛争を繰り返してきた。テロも多発しており、ラシュカレ・タイバはこちらの方で知られた名前だった。ただ、カシミールでは和解の動きが始まっていた。

   もうひとつ、インド国内に13%いるイスラム教徒は、多数派のヒンドゥー教徒のなかで差別と貧困に苦しめられてもいる。これに対する不満から過激派に走る者も少なくない。近年のテロはむしろこちらが多かった。

   今回はこのタイプではなかったわけだが、いま普通のイスラム教徒達は「この事件で、報復を受けるのではないか」とおびえているという。1992年のイスラム寺院破壊とその報復テロ(250人死亡事件も)の記憶は生々しい。

   印パ問題に詳しい専修大学の広瀬崇子教授は、「インドとパキスタンのイスラム教徒の合体だろう。ホテルや外国人をねらうなど国際化していて、これまでとは違う。とくにユダヤ教の施設を標的にするのは、パキスタン人の発想ではない」という。

   ラシュカレ・タイバはもともと87年にアフガンの旧ソ連軍に対抗するために作られた組織で、資金はサウジともいわれ、アルカイダとのつながりが指摘されている。

   広瀬教授は「テロの拡散の中心はパキスタン。その出方がカギ」というが、パキスタン国内状況からは、出口が見えてきそうにない。

ヤンヤン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中