「バカみたいな本気」に90億円 ある意味スゴい…(トロピック・サンダー/史上最低の作戦)

印刷
(C)2008 DreamWorks LLC. All Rights Reserved.
(C)2008 DreamWorks LLC. All Rights Reserved.

   <トロピック・サンダー/史上最低の作戦>アメリカのコメディ映画やパロディネタで笑わせる映画があまり好きではない人にとってみれば、はっきり言ってしまうとこの映画は興味対象外の作品になるかもしれない。NGワードやグロテスクな描写、ハリウッドの業界を風刺する表現や、差別だと言われかねないきわどいセリフ。全編通してやりたい放題である。

   こういう映画ほどハリウッドってやっぱりスゴいと改めて思わせる。なにせこんな悪ノリしたような作品に90億円もの金をかけているのだから。しかもバカみたいに本気でこの映画は作られている。当然ながら戦場の爆破シーンは本物のようであり、戦争アクションの映画としても十分に見られるほどだ。

   そしてなによりスゴいのが出演者たちが豪華であるということだ。主要キャストにはベン・スティラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニー・Jr.の3人が顔を並べる。そのほかカメオ出演(特別出演)であっと驚くような豪華スター陣があちこちに登場する。写真にも写っていたりするので、目を凝らして見て欲しい。しかし一番驚くのはやはりあの人だ。誰もが知っている超大物がハゲでメタボの映画プロデューサーに扮し、お下劣言葉を連発している。それだけでも見る価値はあるだろう。

   主演の他、監督・脚本・製作・原案と5役を請け負っているベン・スティラーだが、この映画はこの人がいたからこそ成り立ったのだろう。役者としては数々の映画をヒットに導き、今アメリカでは最も客を呼べる俳優の一人とされているが、監督としても評価が高い。ハリウッドで確固たる地位を確立した今、人脈で人を呼び、映画製作という現場・業界そのものを映画のネタにしてしまおうという彼ならではのアイデアが成功へとつながった。

   パロディとブラックなジョーク満載だが、間違いなくこの映画はおもしろおかしく仕上がっている。そして彼なりの映画に対する愛情が窺える。映画が好きな人ほどツボにはまる作品かもしれない。

ジャナ専 巴麻衣

   オススメ度:☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中