2020年 7月 15日 (水)

「イカなしでは維持できない」 爆笑問題、イカの世界に迫る

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   爆笑問題太田と田中が「教養とは何か」をテーマに、日本の学問の最高峰を訪ねる教養番組「爆笑問題のニッポンの教養」。今回は、海洋生物学者・窪寺恒己を訪ねる。

   2006年、世界で初めて生きたダイオウイカの撮影に成功した窪寺。長年の研究で、イカが海で重要な役割を担っていることがわかったという。成長するのが早いだけでなく、骨がなくて食べやすいイカは、魚類にとって格好の食糧となっており、窪寺は、イカなしでは海の生態系は維持できないとまでいうのだ。

   番組では、国立科学博物館の地球館を舞台に、窪寺と爆笑問題が知られざるイカの世界について議論を交わす。

爆笑問題のニッポンの教養

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中