「近くの男逮捕」でビックリした人しない人 千葉・女児死体遺棄事件

印刷

   <テレビウォッチ>千葉県東金市で9月、5歳女児が遺体で発見された事件では、一昨日(12月6日)遺体発見現場付近に住む21歳の男が死体遺棄容疑で逮捕された。「ここまで近くに容疑者が潜んでいるとは、本当に思いもしませんでした」と、事件の展開の意外さ、劇的さを強調するのは、今朝、見るからに寒そうに現場からリポートする取材キャスター・奥平邦彦。

みの:取材陣もマークしてたようですね

   容疑者の住むマンションは、遺体発見現場から直線距離で約100m。その駐車場には女児の衣服や靴が入ったレジ袋が置かれていた。逮捕後の供述(を警察経由で番組が伝えるところ)によると、3階にある自室のベランダから捨てたものだという。

   だが、司会のみのもんたは、奥平ほどには驚かなかったようだ。曰く、「取材陣もかなりマークしてたようですね」。実際、晴れて解禁された容疑者の映像資料は豊富にあり、当日の行動などを訊くインタビュアーの声には不審感がうかがえる。

   杉尾秀哉・TBS解説委員は言う。「当局の捜査線上にもかなり早い段階で浮上していた。遺留品が容疑者のマンション駐車場で見つかり、不審者情報もあり、真っ先に疑われておかしくないが、それでいて、事件後も普通に生活していた(略)。追々、精神鑑定をやったりするのだろうが……」

   どうやら知らぬは奥平と視聴者ばかりだったようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中