2018年 7月 20日 (金)

成宮寛貴 「恐怖の疑似体験をなぜするのか?」

印刷

   俳優の成宮寛貴が2008年12月6日のブログで、眠れない夜中、ホラー映画を楽しんだことを紹介している。

   「なんだか寝付けず」ともらしていた成宮は、2本の映画をみたらしい。映画はいずれも、「怖いヤツ」だ。夜中、それも1人で見るには抵抗がありそうだが、成宮は「なんかスッキリして眠れました」と満足そう。「怖い映画は自分にとって必要」なのだとも書いている。

   ところで、恐怖の疑似体験をなぜわざわざお金を払ってするのか。この疑問について、成宮は次のように考えをめぐらせる。

「オレ思うに自分に起こり得る可能性のある、
あらゆる恐怖を安全なトコロから、
先に見ておく事によって安心するみたい」

   つまり、生きていると芽生える恐怖心を、それ以上の恐怖で癒す「荒治療」なのだそうだ。で、怖いのが苦手な人はそんな風に考えたら、少しは見ることができるかもしれない、と成宮はすすめている。

   もっとも、コメント欄では「怖いのは絶対無理です!」「荒治療、私はダメでした(苦笑)」「指の間から観てしまいます(笑)」と書き込んでいる人もいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中