中々のスッポン精神 発揮したのはこのニュース

印刷

「NEWSリアルタイム」(日本テレビ) 2008年12月2日 16時53分~

   延々2時間ものニュース枠なので、18時からの中で報道された『リアル特集』について。この日は一昨日診療報酬詐取容疑で逮捕された菅谷クリニックの理事長・菅谷良男容疑者について追及された。
   菅谷容疑者は旧厚生省の元医療指導監査官で、つまりは保険診療の不正を糾すべき立場の人であったのに、自費で美容整形した患者についても2重に診療報酬を請求してボロ儲けをしていたワル。記者は車に乗ろうとしている菅谷に取り付いて「不正請求してましたよね」と追う。こんなところで「ハイしていました」と答えるバカはいないので、いつもながらの取材の仕方は間が抜けていると思うが、この番組が先頭に立って追ってきた功績は認めたい。
   仮名の女性はチラシで見た「初回お試しキャンペーン」につられてレーザー治療の相談に行ったら、即座に麻酔をかけられ、麻酔が醒めたらフェイスリフトの手術をされていた。しかも、いきなりの160万円の請求。取材陣は他の病院の専門家に彼女の傷跡を診察させる。すると、「形だけの手術で正確なリフトにもなっていない詐欺的手術」だとの言質を得る。元従業員は「契約書にサインさせたらすぐ手術室に連れて行け」と言われていたと暴露した。
   厚労省の担当官は「個別の事案については答えられない」と応じなかったが、ならばと待ち構えて直撃インタビュー。このスッポン精神は中々のものである。カメラに顔を向けて答えた役人もご立派。

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中