鈴木拓 「我ながら存在感の薄さには目を見張る」

印刷

   2008年12月7日に誕生日を迎えたお笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓は、サプライズがあったと、翌8日のブログで明かしている。

   誕生日の7日は、フジテレビ系バラエティ番組「はねるのトびら」の収録だった。スタッフが誕生日のケーキを用意してくれて、「ハッピーバースデー」の歌を歌いながら、ロウソクに火をともして運ばれてきた。ところが、スタッフは肝心なことを忘れていたという。

「その日、僕は休んでその場にいませんでした
僕はヘルニアがひどいので休みました
みんなは僕がいないことに気づきませんでした」

   鈴木がいないことに気づいたスタッフは、別に取り乱すこともなく、「あれ? 鈴木さん今日いなかったんだ ・・・まっでもいいか!」と、あっけらかんとした感じでケーキをみんなで食べたそうだ。

「我ながら存在感の薄さには目を見張るものがあります
これからは最低限、僕がそこに存在しているかいないかくらいはみなさんにわかって頂けるように生命感を出していきたいと思います」
と決意を綴っている。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中