米輸入NOなら「WTO」脱退? 太田総理「脅迫じゃん」

印刷

   実家は山形の米農家だというウド鈴木(キャイ~ン)が小さな国会にマニフェストを持ち込んだ。父親と一緒に考えたというそれは「海外からのコメの輸入を全部禁止します」。

太田:抜ければいい

   そもそも米は自給率100%。米余りで減反政策を進めてるのに、その一方でなぜ政府が輸入米を購入し続けるのか。しかも輸入の事故米が食用に回されていたりする。これを遡れば、「なんだコレ? ジーエーティティー?」とウドが悩むGATT(関税及び貿易に関する一般協定)ウルグアイ・ラウンドに行き着くという。

「世界でモノ売るための年貢」

   そこでは、世界の自由貿易の建前からして「自動車は外国に売りたいけど、米だけは特別だから輸入は勘弁な」という日本の理屈は認めてもらえず、「米輸入を呑むかGATTを抜けるかとなって、苦渋の決断をしたんですよ」(自民党・大村秀章)

   で、米も輸入を認め、高関税をかけるかわりに、低関税の最低輸入枠(ミニマムアクセス)を設けざるを得なかった。実際はその分は国が義務的に消化してきた。国際コラムニストのケビン・クローンに言わせれば、「日本が世界でモノを売るための年貢。それぐらい買えよ」

   これに対して、ソーリは「(米を輸入しなければ、GATTを抜けろなんて)脅迫じゃん」と、ウルグアイ・ラウンドを認めない姿勢である。「国際交渉はそういうものですよ」。大村がエキサイトしつつ、言い聞かせるように言うと、ソーリも顔を紅潮させて反発。「じゃあGATTを抜ければいい」と主張する。

   「GATTはいまWTOですから(抜けようがねーよ、ボケ)」と大村、江藤拓らの自民議員勢はソーリの知識不足を鼻で笑う。じゃあWTOを抜けろ、と言い直したソーリに江藤が反論した。「WTOを抜けたら、(米の輸入はなくなっても)日本の輸出する品に、相手が自由に関税をかけられる。アメリカがトヨタの自動車に50%の関税をかけてきたらどうするんですか」

   そう言われて、ソーリは横を向いて黙ってしまった。もともと、アソウ総理の資質を語るときや、匿名ネット掲示板問題にくらぶれば、ソーリの農政への関心はだいぶん低そうである。が、それにしても――。一国のソーリがGATT→WTOの流れも知らずに「GATT抜けろ」とは、ほとんど「みぞうゆう」級かもしれない。ウドの「ジーエーティティー」をそう笑ってもいられないだろう。

   そんなソーリの失言にも関わらず、「米の輸入禁止」法案は大差で可決されたのだったが、小さな国会の農業政策はリアル同様に懸念されるところではある。

                          

ボンド柳生

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ系)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中