「美人過ぎる」市議キツイ一言 後援会長泣いちゃった

印刷

   <テレビウォッチ>青森県八戸市議会の「美人過ぎる市議」とその後援会長の確執続報だ。

しらけますよね~

   藤川優里議員(28)を応援してきた佐々木聡後援会長が、12月8日夕八戸警察署を訪れ、一度突き返された「個人献金疑惑」をめぐる告発状について事情説明した。

   佐々木会長によると「受理されるのは早くて明後日(10日)になる」という。これに対し藤川議員は「今の時点で間違いは見当たりません。選挙管理委員会にも確認していますし。もしそれ以上に(誤りが)あるんでしたら、もちろん直します」と。

   この告発内容だが、佐々木会長の主張は、「藤川議員の政治資金収支報告書に記載されるべき個人献金が記載されていない。その件数・金額は15件ほどで最大1万5000円になる」というもの。

   この欄でも既報(12月3日)の通り、真相究明のために八戸市を訪れた記者に、告発について藤川議員は「今回、記載されるものではありません。後援会長? あの方にだれが付いていくと思いますか?」と、にべもない返事だった。

   海外出張から帰国した佐々木会長がこのVTRを見せられ呆然とし、「お恥ずかしい限りでございます」とハンカチを出し目頭をぬぐった。記者の「悔し涙ですか?」に「言葉がありません」??

   もっとも今回の告発の前にもう一つ佐々木会長は名誉棄損でも告訴している。

   藤川議員が今(2008)年6月、市民オンブズマンで活動を始めた佐々木会長に、「この市民オンブズマンは特定の政党に所属する組織」だとして後援会長の辞任を求めた。これに怒った佐々木会長が訴えたのである。

   一体、何があったのか? 前回の『スパモニ』で、獨協大教授の森永卓郎が「佐々木会長は藤川議員を好きだったと思いますよ」と。しかし、この発言を受けて佐々木会長は「それはありません」ときっぱり否定した。

   作家の室井佑月が「やっぱ、ちょっと言われたぐらいで涙ぐむ男って後援会長には向いていないと思う」と、相変わらずのキツーイ一発を。

   赤江キャスターも「身内でこれだけ揉めると市民もしらけますね~」。

   作家の若一光司は「基本的には地元の問題。ここまで注目されるのも、藤川さん自身がDVDを出したりして注目度を上げてきた結果でもある。それが還元されていくんだということを今、確認されていると思う」と。因果応報ということか……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中