聞いて呆れるわ!某局特番 「出がらし」まとめ「大賞」だって

印刷

「輝く!一生懸命テレビ大賞2008」(TBS) 2008年12月3日 18時55分~

   「母」部門、「お騒がせ」部門、「青春ドラマ」部門、「ダイエット」部門、「カムバック」部門……など9部門に分け、各部門の大賞を決定する番組ということだが、見てびっくり。賞なんて後付けもいいところで、ようはこの1年のTBSの番組の中から使えそうな部分を集めた単なる総集編だったのだから。こんな出がらしで番組作って「一生懸命テレビ大賞」が聞いて呆れるわ。
   たとえば「母」部門(そもそも「母」部門って……)の大賞は「銀座の母」。細木数子に去られた後、TBSがもっとも肩入れしている占いのおばさんで、9月に放送した「銀座の母スペシャル」という番組の中の映像を延々と流していた。「ダイエット」部門の大賞は泉ピン子。これも9月に放送した「ピン子の時間II」という番組の中でやっていたピン子のダイエットの模様を延々見せるだけ。これについてはリアルタイムで見た時も思ったが、そもそもピン子が13キロ痩せようが痩せまいが知ったこっちゃないし興味もない。そんなものを延々流されても迷惑なだけ。食事時にピン子のスッピンを見せられてこっちのほうが食欲減退だわ。
   ほかにも「お騒がせ」部門の泰葉とか。もうお腹いっぱい、ゲップが出そうな映像ばかり。これが2008年の「輝く!一生懸命テレビ」だとしたら、TBSはこの1年間、ロクな番組を作ってこなかったことになる。表彰なんてしている場合ではない。大いに反省すべし。

        

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中