内定「辞退」強制 「法的にちゃんとすべきですよ」

印刷

   <テレビウォッチ>「かわいそうだよね~。企業に責任ないの?」とみのもんた。お題は内定取り消し問題である。「本当にヒドいケースも出てきてるんです」と応じるアシスタントの竹内香苗アナ。

竹内:本当にヒドいケースも

   フリー司会者のみのとは違って、TBSの金看板を背負う局アナには慎重さが求められる。それが顕著なのは蓮見孝之アナで、早い話が保身的。視聴者ではなく、上司のほうを向いてる感じがある。みのの相手役として出てきても、その発言に少しでも問題がありそうな、危険な雰囲気を嗅ぎつけると、見るからに腰がひけ、「ハイ」「ハイ」と自動相槌マシーンとなる。その様子は、ワタクシ、ただいま「ハイ」とは言っておりますが、これは単なる相槌なのでございまして、みのの発言に対して一切なんら賛否は表明しておりませんので、その点だけは十分ご理解ください、とでも言いたげである。

   そこへいくと、番組に出演する同じ局アナでも竹内のほうが少しばかり、挑戦、冒険する姿勢をかいま見せているように思える。それはともかく、そんな竹内が紹介した連合経由毎日新聞によると、ある男子学生は「自己都合で(内定を)辞退すると書いて書面で送れ」「採用してもすぐに解雇する」などと言われたそうだ。

   「無茶苦茶じゃない」とみの。「こういうの、法的にちゃんとすべきですよ」。ここで蓮見がいたら、「ハイ」とだけ答えていたかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中