「タヒる」「ペリる」…若者言葉 テリー「あまり知りたいと思わない」

印刷

   <テレビウォッチ> 辞書に載る若者言葉が年々ふえている。大竹真が、その若者言葉でなにかしゃべってみた。「電車のなかでチラがん見してて、かわいい子をペリっちゃった。ボクはとなりのシャカ男の方が気になった」。だが、スタジオには全く通じない。

なんか高度になってる

   チラがん見=チラと見るようで、実は真剣に見ている

   ペリる=ペリー来航から、あつかましい、ずうずうしいこと

   シャカ男=イヤホンからシャカシャカ音を出しているやつ

   これで、ようやく分かったような、分からんような。こうした言葉はどんどん生まれているらしい。中高生が辞書に載せたい今年の言葉を並べてみると――

   ◇かにかま=蚊に噛まれること
   ◇ピーケー(PK)=パンツ食い込んでる
   ◇タヒる=「死」という字の下の部分「タ、ヒ」をとって、もうダメ、死ぬの意
   ◇おとメン(乙男)=女性的な男。料理が好きとか
   ◇ガチ=真剣なこと、熱心
   ◇チェンそー=総理大臣がかわること

   まだまだあるのだが、並べきれない。テリー伊藤が「シャカパンというのがある。シャカシャカ音がするパンツだからシャカパン」といったが、あまりうけない。

   八代英輝が、「チラとがんみは矛盾する」なんてまともなことをいうが、矛盾を飲み込むあたりが、若者言葉。みんな「面白いね」と感心しきりだ。

   テリーは「あんまり知りたいとも思わないけどね」(笑い)

   大竹も「まあ面白いなと」

   加藤浩次は、「なんか高度になってる」

   そう、そこが面白い。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中