ふじいあきら 「アレを使ったあと、どうしていますか?」

印刷

   マジシャンのふじいあきらが2008年12月12日のブログで、ガムシロップの入ったケースの賢い注ぎ方を紹介している。

   コーヒーや紅茶を飲むときについてくる、ガムシロップの入った小さなプラスチックケース。ふじいは「アレを使ったあと、どうしていますか?」と質問を投げかける。

   というのも、使い終わった後に放っておいた場合、いつの間にか倒れてしまうことがわりと多いからだ。しかも、テーブルがベタベタになってしまったり、服の袖に染みを作ってしまったりとなにかと困りものだ。

   そんなわけで、「これを解決する画期的な方法を発見しました」と、次のように紹介している。

「問題は、最後のしずくが外に出るから面倒が起こりやすくなるわけですから、しずくが内側に垂れるように、使えばいいのです。
プチっと口を折ってフィルムをめくったら、めくれていない側から傾けて注いでみてください」

   つまり、フィルムをめくり、そして、フィルムにそって液体を流し込むという方法だ。使い終わったあとも、しずくは容器の中に戻っていくため便利そう。ふじいは「試してみてくださいね」とアピールしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中