磯山さやか 「レーシック受けて、楽チン♪」

印刷

   タレントで女優の磯山さやかが2008年12月15日のブログで、レーシックを受けたことを紹介している。

   「レーシック」とは、角膜の表面の一部を削ることにより、近視を矯正する施術のこと。芸能人でもレーシックを受けたという人がいて、たとえば、タレントの東原亜希、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜らはブログで術後の経過を報告していた。

   そんな中、磯山もレーシックを受けて半年が経過するという。いまでは、好きな野球の試合、選手がコンタクトレンズなしでばっちりみえるんだとか。「めちゃくちゃ楽チン♪」。

   翌16日の記事によると、施術後の麻酔が切れた後の痛みは全くないのだそう。そして、当時0.1~0.3だった視力は現在、1.5になった。レーシックはオススメという磯山。「なかなか勇気が出ないって方は、とりあえず検査だけでもしてみてください♪」と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中