2018年 5月 24日 (木)

ブッシュ「0.4秒の早業」 なぜ「靴攻撃」かわせたのか

印刷

   <テレビウォッチ>「ブッシュはなぜ、よけることが出来たのか」と笠井信輔が『研究結果』を発表した。「靴投げつけ事件」の話である。

やっぱり判断できなかった…

   笠井によると、投げた記者と大統領との間は5メートル。映像を見ると、かなりのスピードで投げている。「投げつけ」動作に気づいた大統領が身をかがめて靴をかわすまで、0.4秒だったそうだ。見事なものである。瞬時の判断ができた要因は2つだという。

   1つは、視線をそらしていないこと。62才にしては、視力もいいのだろう。そして、もう1つは、テキサス・レンジャーズの元共同経営者であったほどの野球好きであること。笠井は、大統領のリトルリーグ時代、コーチをしていた人物のコメントを紹介する。

   ――彼はいいキャッチャーだった。タマ筋を読むことがとても得意だ。しかし、ヒットは打てなかった――

   当てようとしても、よけることが出来ると言いたいらしい。

   笠井の説明がひととおり終わったところで、小倉智昭が「ブッシュさん、あれだけ早くパッと身をかわすことが出来るんだったら、イラクからの撤退とかをもっと早めたらどうかと思いますね」と口にすると、佐々木恭子は「そこがやっぱり判断できなかったんでしょうかね」と述べた。

   大統領になるよりメジャー球団の経営者でいてもらった方がよかった、と思っているアメリカ国民が多いのではあるまいか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中